ようこそゲスト様 | ログイン | 会員登録 | パスワード再発行 |
化粧品 「化粧品」として最初に思いつくものは、マスカラや口紅、ファンデーションなどメイクに使うもので、あと化粧水や美容液 、乳液などを思い浮かべますよね。

私たちが普段お店でよく目にする化粧品は「薬事法」で定義されているものを化粧品として使っています。では 薬事法で化粧品とは

薬事法第2条第3項

化粧品は次のように定義付けられている。 人の身体を清潔にし、美化し、魅力を増し、容貌を変え、又は皮膚若しくは毛髪をすこやかに保つために、身体に塗擦、散布その他これらに類似する方法で使用されることが目的とされている物で、人体に対する作用が緩和なものをいう。ただし、これらの使用目的のほかに、第一項(医薬品の定義)第二号又は第三号に規定する用途に使用されることもあわせて目的とされている物及び医薬部外品を除きます。

具体的には次のようなものが法律上化粧品に該当する。 いわゆるメーキャップ化粧品、基礎化粧品、ヘアトニック、香水 歯磨き、シャンプー、リンス、(身体を洗うための)石鹸、入浴剤など、いわゆるトイレタリー製品。

※歯磨きでも「薬用」は医薬部外品になります。

化粧品のなかでも成分によって医薬部外品になるものがあるんですね。

それでは医薬部外品について考えてみましょう。

化粧品

医薬部外品とは医薬品ではないが、医薬品に準ずるものであり、有効な成分は入っていますが、効果が穏やかなものです。医薬品と違い、治療ではなく、予防や皮膚などを清潔に保つことが目的になります。

薬事法第2条第2項

    次に掲げることが目的とされており、かつ、人体に対する作用が緩和な物であって機械器具等でないもの。
  • 吐きけその他の不快感又は口臭若しくは体臭の防止
  • あせも、ただれ等の防止
  • 脱毛の防止、育毛又は除毛
  • 人又は動物の保健のためにするねずみ、はえ、蚊、のみ等の駆除又は防止

具体的には薬用歯磨き剤、制汗スプレー、薬用クリーム、ベビーパウダー、育毛剤、染毛剤、入浴剤、薬用石鹸など かなり普段使っているものが、医薬部外品になるんです。

予防効果等を謳う、いわゆる薬用化粧品は、薬事法上は化粧品ではなく「医薬部外品」になります。